2月
01
2016

コーディネートに迷ったらシンプルに

女性が好む男性ファッションは実に様々です。

女性自身が身につけているファッションを見れば一目瞭然だと思いますが、女性の好みは千差万別なのです。

個人的には、清潔感があってその人の個性が感じられればOKですが、それでもやはり好きなファッションの好みというものがあるのも事実です。

個人的にはベーシックでシンプルなファッションが好きです。

色で言えば白、黒、茶色、ベージュです。だからといって、全身黒づくめや逆に真っ白というコーディネートはちょっと引いてしまいます。

何事もやりすぎはいけませんね。ほどよい色のバランスが大切です。

白いシャツに黒いパンツ、黒いセーターにベージュのボトム、というような組み合わせのほうが、着ている男性がカッコよく見えます。

デートの時の服装に迷った場合は取り合えずこういう組み合わせにしておけば、少なくとも失敗はないでしょう。

シンプルなセーターとパンツの組み合わせに、おしゃれな小物を組み合わせるというコーディネートがいいですね。

合わせる小物はキレイな色のストールやかっこいいハット、品のよいデザインシューズなども素敵です。

これらを全部身につけてはダメです。

オシャレのポイントは一つか二つに絞ったほうが絶対にカッコよく見えますよ。

コメントは受け付けていません。
2月
01
2016

若々しい服装を着て欲しいです

その夫に望むことといえば、やはり若々しくあってほしいということです。そして、服装についても同じことを望みます。いわゆるおじさんっぽい服装だけは避けてほしいのです。

テレビなどでみる男性の服装というものは、人によって様々だと思います。しかし、それは大きく分けておじさんに見える服装と若く見える服装というものがあると感じられます。たとえば、服装の色などによっても、そういうことは変わると思われます。いかにもおじさんっぽい色の服を着ていると、やはり、おじさんっぽく見えてしまうのです。そして、わたしの夫には、若々しい服装を着てほしいと思うのです。

今、夫が愛用している冬用の上着は、フリースの赤いジャケットです。なぜか、夫は赤色の服を選びました。わたしとしては、うれしい選択でした。なぜならば、赤色は若く見える色だと思うからです。グレーや茶色を中心とした地味な色の服装では、やはりおじさんっぽくなってしまうと思います。服の色によって若々しく見えるのであれば、やはりそういった色の服を選んでほしいのです。

還暦を過ぎても若々しく見える人は大勢います。気持ちを若く保つことに加えて、服装を工夫することでも、見た目の若さは保てると思います。

コメントは受け付けていません。
2月
01
2016

冬の服装もスマートで☆

男女ともに言えることですが、冬になるとどうしても厚着で着ぶくれてしまいます。

だからこそ、冬でもスマートに装っている方はお洒落な印象が際立ちますね!

今は薄くて軽いのに暖かい下着も沢山出ていますし、賢く防寒出来るので、気候にもよりますが、上着も最小限で済みますね。

防寒のための巻き物も、フランス人などが得意な様に、男性もギュッと結んでコンパクトにすると、洒落て小粋な印象です。

小顔効果もあるんです。小物遣いは是非、女性用ファッション誌などから拝借してみてください!

重ね着は男性ファッションでも重要になりつつあり、薄物を上手に重ねることでもスマートにお洒落に防寒出来ますね。

ただしすっきりを目指すからと言ってスキニー一辺倒になるのではなく、男性の場合は体型や筋肉の厚みを活かし、

スマートなジーンズにボリューム感のある革ジャケットやスタジャンを合わせる、逆に太めのパンツに細身のジャケットを合わせるなど、全体のシルエットにメリハリがあると素敵です。

スキニーばかりを用いると貧弱な感じになる場合もあるし、一方、迫力やボリューム感のあるアイテムで格好良く装うことと、ただ『寒いから』というだらしない感じの着ぶくれともまた違いますので…

コメントは受け付けていません。
1月
28
2016

不妊治療を始めてから血糖値が気になるようになりました。

私は結婚3年目の専業主婦で、現在不妊治療を行っています。

婦人科では多嚢胞性卵巣症候群と診断されており、主な治療としてホルモン剤、排卵誘発剤、インスリン抵抗性改善剤を処方されています。

多嚢胞性卵巣症候群は明確な原因が特定されていない病気なのですが、インスリン抵抗性や卵巣の男性ホルモン過剰生成等の要素が組み合わされて引き起こされていると考えられている為、妊娠を希望する場合、血糖値を下げ、多嚢胞性卵巣症候群を改善しなければなりません。

現にブドウ糖負荷試験も行ったのですが、ブドウ糖摂取してから2時間後の採血の結果は基準値を超えており高血糖のままでした。

私は、不妊治療を行うまで自分の血糖値 下げるために何かをしようなどと考えたことは一度もありませんでした。

そして、まさか自分の血糖値が高いせいで妊娠できずにいたなんて思いもしませんでした。

多嚢胞性卵巣症候群の診断を受け、インスリン抵抗性改善薬を処方されるようになってからはなるべく生活習慣を改善しようと日々頑張ってはいますが、思うように結果を出すことが出来ず、毎日遣り切れない気持ちでいっぱいです。

コメントは受け付けていません。
2月
24
2015

旦那のファッションは出かけるときに大事です

男性のファッションは個人的な嗜好もありますが年齢とともに気を使わなくなることが往々にして多いパターンです。我が家の場合も2人の娘がいながらも私服は少しずつ気を使わなくなってきました。

なぜか趣味のゴルフウェアにはお金も使うし、センスも気にしているわけです。家族としては一緒に出掛ける際の洋服のセンスにこそ気を使ってほしいのです。かっこいい服装をしてほしいのです。

年齢が40歳なので年相応のファッションを希望しています。コーディネートするのであればとにかく休日のパパとしてふさわしいというのがポリシーです。

さすがに我が家はプレイベートでジャージを着て歩くようなことはしませんが高校生の娘と中学生の娘と歩くに際してはもっと気にしてほしいと思います。家族で季節に一度、アウトレットでまとめてバーゲンの買い物をするのですがここでは買い物の主導権を旦那ではなく、妻であるわたしと二人の娘に任せてもらうことにしています。

旦那に任すとどうしてもゴルフウェアばかりに目が行って私服を購入しようとしないからです。こうして季節ごとに少しずつ洋服を買い足していくことで何とか最低のセンスを保っているという状況です。本当は髪形なども言いたいことはあるのですがまずは洋服からです。

コメントは受け付けていません。
2月
20
2015

ワイシャツから下着は確かに嫌だ。

録画したカンブリア宮殿を視聴。今回はグンゼの事をしてたんですよね。百貨店にSEEKブランドで下着を売ってて、このSEEKの肌着が人気らしいんですよね。値段も3000円前後、下着にしてはまあまあの値段ですよね。この下着、何故人気かというとワイシャツの下に着ると下着のラインがわからないので綺麗にワイシャツが着る事がでるんですって。

映像をみて、成程と納得してしまいました。誰かの下着のライン見えると『うわ、嫌。』って思いますもんね。後、身体にフィットするのがイイらしいです。そのフィット感を見せるのに下着のみの姿も映像あったのですが、モデルさんの身体にフィットしてるのは違和感あんまりないけど、ちょっと体型のブサイクな人の身体にフィットしている姿を想像したら。。。気持ち悪くなってしまいました。コレは肌着のみの姿を見るのはやめておきたいですねw脱がないでぇ━━━━!!って感じです(笑)

世の中がクールビズを推奨しているし、ワイシャツ姿で過ごす人にとって大事なアイテムなんですね。

コメントは受け付けていません。